FiveMarkets

用語集


アスク(Ask)

プライスを提示する側の売り値のこと。オファーと同じ意味です。提示された側はそのプライスを買うことになります。(⇔ビッド)


インターバンク市場 (インターバンクしじょう)

金融機関同士の取引を行う市場のことです。この市場の取引参加者は金融機関、大手証券会社などです。参加者は、直接又は間接(仲介:ブローキング)に通貨を取引します。インターバンク市場では、東京・ロンドン・ニューヨークを世界の三大市場といいます。


カバー取引 (カバーとりひき)

金融商品取引業者が顧客を相手方として行う店頭外国為替証拠金取引の価格変動によるリスクの減少を目的として、当該店頭外国為替証拠金取引と取引対象通貨、売買の別等が同じ市場デリバティブ取引又は他の金融商品取引業者その他の者を相手方として行う為替取引又は店頭外国為替証拠金取引をいいます。


クロス取引(クロスとりひき)

ドルを介さない為替取引のことです。クロス円といえば円を中心とした取引(EUR/JPYや GBP/JPY、又はCHF/JPYなど)を意味し、クロスEURと言えば、EURを中心とした取引 (EUR/JPYやEUR/GBPなど)を意味します。


ショート

ある通貨の売り持ちの状態を言います。ドル円で「ドルショート」という場合は、ドル売りのポジションを表します。(⇔ロング)


スポット

為替市場においては直物取引を指し、取引日から 2 営業日後が決済日になります。


スリッページ

逆指値注文の成立時に生じる、指定したレートと実際に約定したレートとの差のことを言います。相場の急落又は急騰など、市場状況により、このスリッページが大きくなる場合もあります。


ツー・ウェイ・プライス

売値と買値の両方を同時に提示することを意味します。


デイ・トレード

同日内に、ポジションの新規保有及び決済する取引のことです。イントラデイ・トレードとも呼びます。


テクニカル分析(テクニカルぶんせき)

過去の価格の推移など、いわゆる市場内部的要因のデータを統計的に分析して、相場の方向性を予測する手法のことをいいます。


ビッド(Bid)

金融先物取引業者が価格を示して特定数量の商品を買い付ける旨の申し出をすることをいいます。 顧客はその価格で売り付けることができます。(⇔アスク)


ファンダメンタル分析(ファンダメンタルぶんせき)

価格形成を左右する要因の中で、基礎的な要因となるものを分析する手法です。


ヘッジ取引(ヘッジとりひき)

現在保有しているあるいは将来保有する予定の資産・負債の価格変動によるリスクを減少させるために、当該資産・負債とリスクが反対方向のポジションを先物市場や店頭市場で設定する取引をいいます。


レバレッジ

テコの原理のことです。レバレッジを効かせることにより、少額の資金でより大きな資金の取引ができます。


ロールオーバー

店頭外国為替証拠金取引において、同一営業日中に反対売買されなかったポジションの決済期限を翌営業日に繰り越すことをいいます。


ロスカット

顧客の損失が所定の水準に達した場合、金融商品取引業者が、リスク管理のため、顧客のポジションを強制的に決済することをいいます。


ロング

ある通貨の買い持ちの状態を指します。ドル円で「ドルロング」という場合は、ドル買いのポジションを表します。(⇔ショート)


機関投資家(きかんとうしか)

生命保険会社や信託銀行・年金基金・ヘッジファンド等を呼びます。


差金決済(さきんけっさい)

先物取引やオプション取引の決済にあたり、原商品の受渡しをせず、算出された損失又は利益に応じた差金を授受することによる決済方法をいいます。


受渡決済(うけわたしけっさい)

先物取引やオプション取引をその原商品とその対価の授受(店頭外国為替証拠金取引の場合は、売り付けた通貨を引き渡して買い付けた通貨を受け取ること)により決済する方法をいいます。


値洗い(ねあらい)

ポジションを、市場価格の変化に伴い、時価評価する手続きをいいます。


店頭デリバティブ取引(てんとうでりばてぃぶとりひき)

金融商品取引所が開設する取引所金融商品市場及び外国金融商品市場によらず行われるデリバティブ取引をいいます。


店頭外国為替証拠金取引(てんとうがいこくかわせしょうこきんとりひき)

取引金額よりも少額の証拠金を預託してより大きな取引を行う外国為替取引のうち、取引所を介さずに売り手と買い手が相対で行うものをいい、店頭デリバティブの一つです。


店頭金融先物取引(てんとうきんゆうさきものとりひき)

金融先物取引所が開設する金融先物市場及び海外金融先物市場によらずに行われる先物・オプション取引をいいます。店頭外国為替証拠金取引は、店頭金融先物取引の一つです。


特定投資家(とくていとうしか)

店頭金融先物取引を含む有価証券に対する投資に係る専門的知識及び経験を有すると認められる適格機関投資家、国、日本銀行等をいいます。一定の要件を満たす個人は特定投資家として取り扱うよう申し出ることができ、一定の特定投資家は特定投資家以外の顧客として取り扱うよう申し出ることができます。


買いポジション(かいぽじしょん)

買付取引のうち、決済が結了していないものをいいます。(=買い建玉:かいたてぎょく)


売りポジション(うりぽじしょん)

売付取引のうち、決済が結了していないものをいいます。(=売り建玉:うりたてぎょく)


約定日

取引が成立した日のことです。


両建て(りょうだて)

同一の商品の売りポジションと買いポジションを同時に持つことをいいます。